CMから生まれたヒット曲
懐かしいCMソング厳選7曲

CMから生まれたヒット曲 懐かしいCMソング厳選7曲

1980年代〜1990年代はメディアと言えばテレビの時代でした。話題のドラマやバラエティ番組を視聴する合間に私たちを楽しませてくれたのが、印象的なコマーシャル(CM)です。その中でも個性豊かな楽曲がCMを彩り、いつのまにか商品名やキャッチフレーズを覚えてしまったものでした。今回は1980年代〜1990年代のCMソングから当時流行った楽曲をCM内容と併せて振り返ります。記事後半にはUSEN Homeのお得なキャンペーン情報も掲載していますので、ぜひそちらもご覧ください。

もう一度聴きたい、懐かしのCMソング
1980年代編

SWEET MEMORIES / 松田聖子

SWEET MEMORIES / 松田聖子

静かなバーでスロー・テンポのジャズを歌う女性のペンギン。「泣かせる味じゃん。サントリーCANビール」のナレーションと共に、観客が感動のあまり一筋の涙を流す……。1980年代に青春を過ごした世代にはお馴染み、サントリーの名作CMですね。かわいらしい絵柄とアーバンなシチュエーションの組み合わせが話題を呼び、このCMを原案にした映画『ペンギンズ・メモリー 幸福物語』が公開されるほどの人気ぶりでした。CMでペンギンが歌っていた楽曲が松田聖子の「SWEET MEMORIES」です。この楽曲が収録されたシングル「ガラスの林檎」はすでに発売されていたため、CM放送後にはチャートで再上昇したそうです。「青い珊瑚礁」などのポップなイメージとは異なる、松田聖子の大人らしい一面を楽しめる楽曲です。

勇気のしるし~リゲインのテーマ~ / 牛若丸三郎太(時任三郎)

勇気のしるし~リゲインのテーマ~ / 牛若丸三郎太(時任三郎)

1988年に発売が開始された三共(現:第一三共ヘルスケア)の栄養ドリンク「リゲイン」を一躍有名にしたのが当時のテレビCMです。『ふぞろいの林檎たち』などで注目を集めた時任三郎がバブル期の多忙なビジネスマンをコミカルに熱演し、CMソング「勇気のしるし~リゲインのテーマ~」は大ヒット。「24時間戦えますか」という歌詞はバブル時代を象徴するキャッチフレーズとして今でも有名です。まさにバブル期を象徴するCMソングですが、実はリゲインシリーズからは後に別のヒット曲も生まれています。約10年後、1999年に放送されたリゲインEB錠のCM楽曲、坂本龍一の「energy flow」です。「勇気のしるし~リゲインのテーマ~」 とは正反対の静かなピアノソロ楽曲で、当時の「癒しブーム」もありインストゥルメンタル楽曲としては異例のヒットを記録しました。まるでバブル崩壊前後の変化を象徴するような2曲が、同じ商品シリーズから生まれているとは不思議なものです。ハイテンションな「勇気のしるし~リゲインのテーマ~」と癒やしの「energy flow」。この2曲は時代の変化と合わせて楽しみたいCMソングです。

クリスマス・イブ / 山下達郎

クリスマス・イブ / 山下達郎

山下達郎はANA沖縄キャンペーンの「高気圧ガール」をはじめ数々のCMソングを担当しており、「山下達郎CM全集 Vol.1」などCM関連限定のアルバムがリリースされたほどでした。そんな山下達郎楽曲の中でも特に有名なものと言えば、東海旅客鉄道(JR東海)のCMシリーズ「クリスマス・エクスプレス」で使用された「クリスマス・イブ」でしょう。深津絵里、牧瀬里穂、星野真里などフレッシュなキャストによる恋愛ドラマ風の展開が人気を呼び、5年連続でシリーズCMが制作されました。クリスマスがカップルのイベントとして定着しつつあった当時の雰囲気が見事にパッケージされた、1980年代を代表する名作CMとして有名です。CMは一旦役目を終えましたが「クリスマス・イブ」は日本の定番クリスマスソングとして今なお大人気です。小田和正、坂本冬美など多くのアーティストによってカヴァーされているほか、2001年にはヒップホップグループのKICK THE CAN CREWがサンプリングした「クリスマス・イブRap」も大ヒットしました。これからもクリスマスシーズンが近づくたびに私たちを楽しませてくれることでしょう。

もう一度聴きたい、懐かしのCMソング
1990年代編

ロマンスの神様 / 広瀬香美

ロマンスの神様 / 広瀬香美

「冬ソングの女王」こと広瀬香美のイメージを決定付けた楽曲が、スキー用品店「アルペン」のCMソング「ロマンスの神様」です。その後も何年にもわたって同社のCMソングを手がけ、テレビから広瀬香美の歌声が聞こえてくると冬を実感した、という方も多いのではないでしょうか。冬ソングはバラードなど落ち着いた楽曲が多い印象がありますが「ロマンスの神様」はアップテンポでとにかく元気いっぱい。恋に仕事にアクティブに人生を楽しみたい、そんな想いが伝わってくる一曲です。

パパの歌 / 忌野清志郎

パパの歌 / 忌野清志郎

「パパの歌」は清水建設のCMソングとしてリリースされた忌野清志郎のヒット曲です。「昼間のパパはちょっとちがう」「昼間のパパはいい汗かいてる」など、優しい言葉遣いで子どもの目線から働く父親を描いています。当時の忌野清志郎は過激なパフォーマンスで知られる存在だったので、ほっこりとした「パパの歌」はCMソングとして抜群のインパクトを残しました。歌詞を手がけたのは人気コピーライターの糸井重里です。ロック界の風雲児と気鋭のコピーライターという意外な組み合わせが、忌野清志郎の新しい魅力を引き出したのかもしれません。忌野清志郎は他にも資生堂のCMソング「い・け・な・い ルージュマジック」など多くのCMソングを手がけ、多数のCMに出演もしています。アーティストの一味違った側面が見られることも、CMソングの魅力の一つかもしれませんね。

カローラⅡにのって / 小沢健二

カローラⅡにのって / 小沢健二

1990年代に流行した音楽ジャンル「渋谷系」のアイコン、オザケンこと小沢健二。6枚目に発売されたシングルがトヨタ自動車の「カローラⅡにのって」です。CMではパリを舞台にカローラと共に過ごす何気ない日常を描き、小沢健二の優しい歌声が心地よくマッチしていました。ちなみに1998年には同じく渋谷系の人気アーティスト、カジヒデキによる「カローラ2に恋をした」も制作されています。渋谷系ソングが若い世代に再注目される中、隠れた名曲としてぜひ聴いてもらいたい楽曲です。

浪漫飛行 / 米米CLUB

浪漫飛行 / 米米CLUB

最後にご紹介するのはJALの沖縄旅行キャンペーンCMに起用された、米米CLUB「浪漫飛行」です。「トランク」など旅をイメージさせるキーワードが散りばめられており、航空会社のCMソングにはぴったりですね。実はこの曲は、CMの放送が始まる3年前に発表されたアルバム「KOMEGUNY」に収録されていたもの。当時から米米CLUBのファンには人気の一曲だったそうですが、CMに起用されてから人気が加熱し、アルバム収録から約3年後にシングルカットされる珍しいパターンとなりました。その後も根強い人気を誇り、2013年には大塚製薬「カロリーメイト」のCMで起用されました。こちらでは俳優の満島ひかりがアレンジバージョンを歌い、新社会人を応援する感動的な内容のCMでした。いつの時代も私たちを応援し、自由に飛び回れると背中を押してくれる一曲ですね。

懐かしのJ-POPを聴くなら!
USEN Homeのおすすめチャンネル

定番のヒット曲・懐かしい楽曲を楽しむのにおすすめのサービスが、有線放送の家庭向けサービスUSEN Homeです。BGMのプロが選曲した多彩なジャンルのチャンネルを放送しているので、自分で選曲する手間なくBGMをお楽しみいただけます。今回はちょっと懐かしいJ-POP〜歌謡曲を中心に、USEN Homeの番組ラインナップからおすすめのチャンネルをご紹介します。

00019 R50 Hits
00019 R50 Hits

今回ご紹介した懐かしいヒット曲のように、現在50代前後の方々が青春時代によく耳にした1980年代〜1990年代の懐メロヒット曲をお届けしています。邦楽・洋楽を織り交ぜた選曲で、青春時代の思い出に浸るひとときをお楽しみください。

00015 J-POP 80’s Hits
00015 J-POP 80’s Hits

歌謡曲の黄金期である1980年代の邦楽専門チャンネルです。アイドルからロックまで、ジャンルにこだわらず幅広い選曲でお送りしています。思わず青春の日々を思い出すような、懐かしの選曲をお届けします。

00014 J-POP 90’s Hits
00014 J-POP 90’s Hits

1990年代の楽曲を楽しみ数々のミリオンセラー楽曲が生まれた1990年代のJ-POPシーンを楽しみたい方におすすめのチャンネルです。小室哲哉プロデュース楽曲をはじめ、DREAMS COME TRUE、B’zなどのモンスター・ヒットから隠れた名曲まで、当時のJ-POPシーンをまるごと楽しむことができます。

00011 最新☆TV&CINEMA
00011 最新☆TV&CINEMA

桐谷健太(浦島太郎)が歌うauのCMソング「海の声」など、現在でもCMからヒットソングが生まれています。現在テレビでオンエアされているCMソングやドラマ主題歌など、最新タイアップ曲をジャンルレスで放送する番組です。これさえ押さえておけば、今の流行や話題をしっかりとキャッチできること間違いありません。

まとめ

「テレビの影響力が低下した」と言われることも多い昨今ですが、1980年代〜1990年代当時はみんなが同じ番組を見て、同じ音楽を口ずさんでいたものでした。お茶の間にあるテレビにかじりついていた「あの頃」を思い出すと、気持ちもどこか若々しくなるものです。まだまだ自宅で過ごす時間が長い今こそ、USEN Homeで懐かしい楽曲を楽しんで、あなたも「あの頃」へとタイムスリップしてみませんか。

USEN Homeの使い方や専用チューナーの設置方法など、USEN Homeについてもっと知りたい方は以下の記事もおすすめです。

USENを自宅で楽しもう MPX-1 HOME使い方特集
USEN Homeの導入レポート 設置や使用後の感想を聞きました

現在USEN Homeでは新規加入限定のお得なキャンペーンを実施しています。ぜひこの機会にご加入をご検討ください。

※記事中の情報は2021年10月時点となります。放送される楽曲は日によって異なります。あらかじめご了承ください。
※ご紹介しているチャンネルはサービスにより異なります。
MPX-1 HOME MPX-1 HOMEでご利用いただけるチャンネルです。
musicAirBee! music AirBee!でご利用いただけるチャンネルです。
SOUND PLANET SP-i-HOMEMIX SOUND PLANET-i HOME MIXでご利用いただけるチャンネルです。

この記事を書いた人

編集部 アイコン

USEN Home 編集部 カツライ
80年代のロック・歌謡曲にハマり、ユーロビートやJAZZをこよなく愛しながらも
実はオーケストラに入団してクラシック音楽を聴きまくる3児の父。

コラム・特集一覧へ

お申し込みはこちら

WEBサイトから
お申し込みいただいた方限定で

最大20,000円分
JCBギフトカード
プレゼント!

※アンケート回答が条件になります。

ご相談・お問い合わせだけでもOK!

ご相談・お問い合わせだけでもOK!

0120-117-440

0120-117-440

受付時間 9:00~22:30(年中無休)