名曲は色褪せない
懐かしの洋楽バラードまとめ

名曲は色褪せない 懐かしの洋楽バラードまとめ

ロック、ソウル、ポップス……音楽のジャンルは様々ですが、特にバラードが好きだという方は多いのではないでしょうか。「いや、バラードはあくまで“曲調”を指す言葉だから、ジャンルとして定義するのは違うよ」と感じる方もいるでしょう。確かにその通りなのですが、だからこそ様々なジャンルの名曲をまとめて楽しめる便利なキーワードがバラードなのです。何よりバラードにはドラマチックな展開に美しいメロディ、切ない歌詞など、日本人好みの要素がたくさん詰まっています。そんなバラードの本場と言えば洋楽でしょう。今のようにヒップホップやEDMがヒットランキングを席巻する前の時代は、素朴で美しく、時に壮大なバラードが1970年代から1990年代の青春を彩るサウンドトラックでした。

あの日、憧れた洋楽バラードの世界

少々ハードルが高いような気がする洋楽も、美しいメロディはすっと耳に入ってきます。「ジャズやソウルはちょっと難しいけれど、バラードなら洋楽でも良さがわかる」と感じて洋楽のレコードやカセットに手を伸ばした方も多いのではないでしょうか。国内盤の解説や和訳を読み込んで、国も言語も違う楽曲に思わず自分を重ねてセンチメンタルな気分に浸ったものです。そこで今回は、誰もが一度は聴いたことのある洋楽の定番バラード曲を男性編・女性編に分けてご紹介します。それぞれ1970年代から1990年代まで幅広く選曲したので、あなたのお気に入りの1曲がきっと見つかりますよ。記事の最後には有線放送の家庭向けサービスUSEN Homeのお得なキャンペーン情報も掲載していますので、ぜひそちらも併せてご覧ください。

洋楽バラードの名曲 男性ヴォーカル編

Your Song(僕の歌は君の歌) / エルトン・ジョン

Your Song(僕の歌は君の歌) / エルトン・ジョン

今なお精力的に活動するイギリス出身のシンガーソングライター、エルトン・ジョンが1970年に発表した楽曲です。ミュージシャンが愛する相手への想いを楽曲にする、という歌詞がなんともロマンチックです。ピアノの伴奏に始まり、ヴァイオリンなど様々な音色が重なっていくドラマチックな展開も素晴らしいですね。イギリスのロック歌手であるロッド・スチュワートやレディー・ガガ、日本を代表するロックバンドのMr.Childrenなど、様々なアーティストにカヴァーされている点も、本楽曲の色褪せない魅力を表しています。2019年に公開されたエルトン・ジョンの伝記映画『ロケットマン』でもこの楽曲が取り上げられているので、気になった方はぜひそちらもご覧ください。

Ben (ベンのテーマ) / マイケル・ジャクソン

Ben (ベンのテーマ) /  マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンがソロ活動初期のアルバムに収録した、哀愁あふれる名曲です。まだあどけなさが残る歌声が時代を感じさせますね。ベンと名付けた親友のネズミについて歌った一見奇妙な歌詞ですが、これはネズミと少年の交流を描いた映画『ベン』の主題歌として書き下ろされたためです。少々変わったテーマでも感動的な楽曲に仕上げてしまうマイケル・ジャクソンの手腕には、後に世界的な大スターとなる片鱗を見出すことができます。マイケル・ジャクソンと言えば「Beat It」など1980年代のヒット曲が有名ですが、キャリア初期の素朴で優しい歌声はまさに唯一無二。キング・オブ・ポップとして成長する前の名バラードは、心も体もリラックスさせてくれます。

I Just Called To Say I Love You(心の愛) / スティーヴィー・ワンダー

 I Just Called To Say I Love You(心の愛) / スティーヴィー・ワンダー

現在はメッセージングアプリやビデオ通話などコミュニケーションツールも多彩になりましたが、1980年代当時は固定電話が数少ない連絡手段でした。そのため洋楽・邦楽問わず電話をモチーフにしたラヴソングも数多く生まれましたが、その代名詞といえばご存知スティーヴィー・ワンダーの名曲「I Just Called To Say I Love You」でしょう。映画『ウーマン・イン・レッド』の主題歌でアカデミー歌曲賞を受賞した、まさにスティーヴィー・ワンダーの代表曲です。「愛してると伝えたくて電話したんだ」という歌詞がロマンチックですね。携帯電話もない時代、緊張しながら片思いの相手に電話したら相手のご両親が出てしまう……そんなあの頃の光景を思わず思い出してしまうような珠玉のラヴソングです。

洋楽バラードの名曲 女性ヴォーカル編

Lovin' You / ミニー・リパートン

Lovin' You / ミニー・リパートン

1970年代初頭、先ほど登場したスティーヴィー・ワンダーが1人のシンガーの才能に注目し、楽曲を提供しました。そのシンガーがミニー・リパートンです。彼女の特長は何と言っても、一度聞いたら忘れられないハイトーンボイスでしょう。その美しいハーモニーを存分に味わえる名曲がこの「Lovin' You」です。鳥のさえずりにシンプルな伴奏、そしてミニー・リパートンの透明感あふれる歌声が重なった、美しい癒しの楽曲となっています。残念ながら彼女は1979年に31歳という若さで急逝してしまいましたが、その後もラッパーの2パックが彼女の「Inside My Love」を引用した「Me Against The World」をリリースするなど、幅広い層から支持を集めています。彼女の楽曲は耳馴染みの良い爽やかなものが多いためか、日本のリスナーにもカフェミュージックなどのBGMとして根強い人気を誇ります。今なお輝きを失わない彼女の名曲で、癒しの時間をお過ごしください。

I Will Always Love You / ホイットニー・ヒューストン

I Will Always Love You / ホイットニー・ヒューストン

ミニー・リパートンの歌声は今にも壊れてしまいそうな、繊細な表情が独特の魅力を放っていました。それとは対照的な、力強く歌い上げるバラードの代表例が「 I Will Always Love You」ではないでしょうか。この楽曲はソウルの女王ことホイットニー・ヒューストン自ら出演した映画『ボディガード』の主題歌として1992年にリリースされ、大ヒットしました。原曲は素朴なカントリーソングですが、サックスやシンセサイザーを活かしたムーディーな雰囲気にアレンジされています。これぞ洋楽バラードと言いたくなる、1990年代初頭の華やかな雰囲気が感じられますね。ウエディングソングとして、結婚式で聴いた方も多いのではないでしょうか。ホイットニー・ヒューストンはテディ・ペンダーグラスやR・ケリーなどとのデュエット曲も名曲揃いですので、ぜひUSEN Homeでお楽しみください。

My Heart Will Go On / セリーヌ・ディオン

My Heart Will Go On / セリーヌ・ディオン

最後にご紹介するのは1997年にセリーヌ・ディオンがリリースした「My Heart Will Go On」です。言わずと知れた名作映画『タイタニック』の主題歌として、映画とともに大ヒットを記録しました。もはや説明不要のラヴバラードですね。映画のストーリーとリンクする歌詞も感動的です。『タイタニック』を手がけたジェームズ・キャメロン監督は2010年の大作SF映画『アバター』でもイギリス人歌手のレオナ・ルイスによるバラード曲「I See You」を主題歌に起用しました。映画自体はヒットしたものの、やはり主題歌は「My Heart Will Go On」ほどのインパクトを残せませんでした。メガヒット時代の終焉を感じさせる意味でも、1997年にリリースされた本楽曲はまさに記念碑的な名バラードと言えるのではないでしょうか。

USEN Homeで聴く洋楽バラード

美しいメロディのバラードは感傷的な気分に浸りたい時、思いっきり泣きたい時など、生活の中で様々なシーンに寄り添ってくれます。ですが、気分に合わせてぴったりの楽曲を選ぶことは難易度が高いですよね。特に洋楽は探すことも難しく、昔はよく聴いていたけれど最近は遠ざかってしまった、という方も多いのではないでしょうか。洋楽の名曲を気軽に楽しみたい。そんな方におすすめなのが、有線放送の家庭向けサービスUSEN Homeです。ジャンルやシーンに合わせた約500ものチャンネルを放送しており、チューナーのチャンネルを合わせるだけですぐに再生することができます。「こんな曲が聴きたい」「こんな場面に合うBGMを流したい」という時に、選曲いらずでぴったりのBGMを楽しむことができます。

C-11 ラヴバラード洋楽
C-11 ラヴバラード洋楽

今回ご紹介したような洋楽のバラードを楽しむ場合は、こちらのチャンネルがおすすめです。ポップス、ロック、R&B、ソウルなど、愛溢れるナンバーをジャンルレスで紹介しています。ひとりの時間に聴き入るのも良し、大切な人と一緒に聴くのも良し。珠玉のラヴバラードたちが、聴く人の心を愛で満たします。

D-49 サウンドトラック
D-49 サウンドトラック

映画の挿入歌や主題歌はラヴバラードの名曲揃いです。今回ご紹介したセリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」など以外にも、映画『ゴースト ニューヨークの幻 』の挿入歌として知られるライチャス・ブラザーズ「Unchained Melody」など、1980年代以降にヒットした人気作品から公開中の最新作まで、新旧さまざまなジャンルのサウンドトラックを紹介しています。映画の主題歌はもちろん、あのシーンで流れていた挿入歌やスコアもたっぷりとお楽しみいただけます。

また、今回記事中でご紹介した映画『ロケットマン』『ボディガード』『タイタニック』などはU-NEXTで好評配信中です。いずれも大ヒット曲と感動的なストーリーが一体となった名作です。ぜひU-NEXTで名作映画とともにお過ごしください。

U-NEXTの配信ページはこちら
U=NEXT

C-12 ラヴバラード J-POP
C-12 ラヴバラード J-POP

もちろんUSEN Homeなら、邦楽のバラードもお楽しみいただけます。本チャンネルは久保田利伸や小田和正など様々なジャンルからセレクトしたラヴバラードを放送しています。一度は聴いたことのある名曲から隠れた名曲まで、洋楽リスナーの方でもお楽しみいただける多彩な選曲でお送りしています。放送される楽曲はスロー・ナンバー中心なので、落ち着いた大人の雰囲気を演出したい空間のBGMとしてもご活用いただけます。

B-45 マイケル・ジャクソン
B-45 マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンのバラードとして今回は「Ben」をご紹介しましたが、それ以外にも「Heal The World」「Human Nature」など数多くの名曲を残しました。2009年に惜しまれながらこの世を去ったマイケル・ジャクソンですが、彼が残した音楽は今でも多くのファンに愛されています。そんなマイケル・ジャクソンの音楽を余すことなくお楽しみいただけるのが「マイケル・ジャクソン」チャンネルです。その名の通り、マイケル・ジャクソン関連楽曲を24時間放送しています。1億枚以上を売り上げた世界一の名作「スリラー」以降はもちろん、ジャクソン5として活躍したモータウン期~ジャクソンズ時代まで、厳選した楽曲をお届けしています。

まとめ

USEN Homeなら洋楽バラードだけではなく、様々なジャンルのBGMをお楽しみいただけます。洋楽はもちろん、アニメソングや演歌などジャンルも充実しています。自宅で過ごす時間が長くなった今こそ、USEN Homeで「音とともに暮らすライフスタイル」を楽しんでみませんか。現在USEN Homeでは新規加入限定のお得なキャンペーンを実施しています。ぜひ、この機会にご加入をご検討ください。

※記載されている情報は2020年7月時点のものになります。
※ご紹介しているチャンネルはサービスにより異なります。
musicAirBee!  music AirBee!でご利用いただけるチャンネルです。
SOUND PLANET SP-i-HOMEMIX SOUND PLANET-i HOME MIXでご利用いただけるチャンネルです。
MPX-1 HOME MPX-1 HOMEでご利用いただけるチャンネルです。

この記事を書いた人

編集部 アイコン

USEN Home 編集部 カツライ
80年代のロック・歌謡曲にハマり、ユーロビートやJAZZをこよなく愛しながらも
実はオーケストラに入団してクラシック音楽を聴きまくる3児の父。

コラム・特集一覧へ