USENは、音楽を通じて
「持続可能な開発目標(SDGs)」
の実現に貢献します

SDGs(持続可能な開発目標)とは
Sustainable Development Goalsの略で、エス・ディー・ジーズと読みます。

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

地球温暖化、エネルギー資源の枯渇、貧富の差、あらゆる差別……消費し摩耗していく社会ではなく、これからの未来へ向けて持続可能な社会を作るためには、私たちひとりひとりが意識を変えていく必要があります。

USENは、音楽を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します。

USENのSDGsの取り組み

健康×音楽=健康BGM

我々USENでは、50年以上携わってきた音楽に対しての知見を生かし、音が人に与える影響に関する様々な研究を行ってまいりました。「BGMのテンポがお店での購買行動に及ぼす影響」、「居心地の良いBGMの音量」といった、いくつかの研究成果も発表しております。
この度、「健康×音楽=健康BGM」と題して研究を実施し、人々の健やかな暮らしを支える番組をつくりました。
USENでは今後も引き続き、音楽を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献してまいります。

健康BGM一覧

対象目的リリース
  • 免疫力

    免疫力を高める音楽

    2021年1月
    リリース

    免疫力を高める音楽イメージ画像

    AIによって選曲された副交感神経を刺激する音の要素を豊富に含む楽曲を編成し、20~50代の男女20名を対象に、音楽を聴くことの効果に関する実験を行いました。音楽を聴取した後、「体温」「唾液分泌型IgA(※)」「気分」において免疫が高まる効果が確認されました。
    副交感神経を高めることで、免疫力の向上につながり、健康な身体づくりにつながります。

    (※免疫物質と呼ばれる抗体の一種)

  • 睡眠

    仮眠のための音楽

    2021年4月
    リリース

    仮眠のための音楽イメージ画像

    睡眠原理と音楽作用の関係性に基づいた音楽を制作し、20代~50代の男女23名を対象に、その効果に関する検証実験を行いました。その結果、音楽が入眠や目覚めに良い影響を与える可能性が示されました。
    主にトラックドライバーやシフト制勤務の方に向けた、短時間睡眠を効率よくとるために活用いただきたい音楽です。

  • 禁煙

    禁煙を支援する音楽

    2021年4月
    リリース

    禁煙を支援する音楽イメージ画像

    20~60代の男女喫煙者23名に、喫煙欲求を刺激するような映像を、BGMが流れている条件とBGMが流れていない条件でそれぞれ見てもらい、脳活動などの状態を測定しました。その結果、ある特徴を持つ音楽を聴くことで、「タバコを吸いたい」という気持ちを紛らせる効果が期待できることがわかりました。

  • PMS

    女性のPMSを緩和させる音楽

    2021年4月
    リリース

    女性のPMSを緩和させる音楽イメージ画像

    生理前や生理中に起こる心身の不調に悩まされる女性のために制作した音楽をお届けします。落ち着いたマイナー調の旋律が徐々に明るく展開し、晴れやかな気分へと導く20分間の楽曲構成で、女性のこころとからだの不調に寄り添います。

  • 冷え性

    血行を良くするクラシック

    2021年4月
    リリース

    血行を良くするクラシックイメージ画像

    冷え性に対する音楽の効果を調べるため、20~50代の女性12名に3種類の音楽を聴いてもらい、音楽を聴取する前、聴取中、聴取後において血流量と自律神経バランスを測定しました。その結果、軽やかなリズムを持つクラシックを聴くと、指先まで血行が良くなり、冷え性への効果が期待できることがわかりました。

  • 高年齢

    シニアのためのヒーリング

    2021年4月
    リリース

    シニアのためのヒーリングイメージ画像

    副交感神経の働きを高めリラックスに導くヒーリング楽曲を編成し、80歳以上の男女15名を対象に、音楽を聴くことの効果に関する実験を行いました。音楽を聴取した後、「体温」「唾液分泌型IgA(※1)」「コルチゾール濃度(※2)」といった指標においてポジティブな効果が認められました。高齢者の健康寿命の延伸に役立つものと期待されます。
    (※1 免疫物質と呼ばれる抗体の一種)
    (※2 ホルモンの一種で不快なストレスや睡眠不足によって副腎皮質から過剰に分泌され、血糖値を高めたり免疫機能を低下させる作用を引き起こす)