著名人インタビュー

USEN×山内惠介

USEN「C-42 元気はつらつ歌謡曲」内の山内惠介「USENヒット惠介座」でのパーソナリティで、昨年の「NHK紅白歌合戦」に初登場した山内惠介さんに今回はインタビュー。
貴重なインタビューが飛び出しました。

USENを聴いてみていかがですか?

「これだけ多くのチャンネルがあると、気分に合わせて聴けるからいいですよね。来客の時はこの人に合う音楽はどんなのだろう? と考えて、チャンネルを合わせる。それをBGMにすると場が盛り上がりますよ」

山内惠介

普段はどんなチャンネルを聴きますか?

「自分が歌わないような音楽を聴くことが多いです。「J-06 童謡」はおすすめです。家族のことや、自分が歌手を夢見ていた頃、故郷の原風景なんかが思い起こされて、今聴くと心に沁みてきます」

お気に入りのチャンネルを2つあげるとすると?

「まず1つは「B-13 J-POP 90’s Hits」。演歌をよく聴いていましたが、小学校高学年ぐらいから安室奈美恵さんやスピッツさんなど、流行りのJ-POPも聴いていました。青春時代の思い出が甦ります」「上京したばかりの頃、1週間だけ母が福岡から出て来てくれたことがありました。母が帰る時に「がんばるけんねー」って見送ったのですが、その時にBGMで、朝ドラの主題歌(「NHK連続テレビ小説「オードリー」)だった倉木麻衣さんの「Reach for the sky」が流れていて……。歌の内容が自分と重なって、気が付いたら泣いていました。この歌は一生忘れません。青春時代の音楽は特別ですね」「A-41 美空ひばり」もいいですね。ひばりさんの歌も青春の音楽です。ホッとするというか、安心する。母親のような、子守唄のようなものですね」

山内さんは現在、USEN「C-42 元気はつらつ歌謡曲」内の山内惠介「USENヒット惠介座」でパーソナリティを務めていますね。

「演歌好きにはたまらない番組です。ゲストにお越しいただいた方々に、僕も勉強になるぐらい、いろいろとお話を聞かせてもらっています。みなさんのご贔屓の歌い手さんでも、初めて知るお話がたくさんあると思います。ぜひ一度お聞きください!」

プロフィール

山内惠介

Photo RIKA

プロフィール

山内惠介(やまうち けいすけ)

歌手。2001年にシングル「霧情」でデビュー。09年にリリースしたシングル「風蓮湖」がロングヒットを記録。15年にデビュー15周年を迎え、記念シングル「スポットライト」をリリース。昨年「NHK紅白歌合戦」に初出場した。3月23日にニューシングル「流転の波止場」を発売。

2016年3月11日更新