著名人インタビュー

USEN×小林幸子

「おもいで酒」や「とまり木」などのヒット曲を持ち、また、
USENでも番組を担当していた小林幸子さんに今回はインタビュー。
USENを設置してから20年! 普段どんな音楽を聴くのでしょうか?
たっぷりとお話を伺ってきました。

以前からUSENを設置されているとお聞きしました。

「20年くらい前ですが、家をリフォームする時に、天井にスピーカーを埋め込みました。お風呂でも聴けるようにしています」

小林幸子

設置するようになったきっかけを教えてください。

「クリニックやエステなどに行くと、ずっとBGMが流れているんですよね。これは素敵だなぁって。それで、自宅にも入れたい!って思いましたね」

どんなチャンネルをお聴きになりますか?

「BGMとして「C-21 モーニングBGM(小鳥の声入)」を流しています。お風呂で聴くとリラックスできて、すごくいいですよね。あとは、「B-16 HIP HOP」も含め、お休みの日はさまざまなチャンネルを聴きます。いろいろな音楽を吸収したいんですよね。「J-53 羊の数」をいくつまで数えるのだろう?って思って、ずっと聴いていたこともありました(笑)」

最近は動画サイトや、サブカルチャー系のイベントをはじめ、幅広く活動されていますね。

「ボカロ曲をカヴァーしたりなど、いろいろな活動をさせてもらう中で、興味の対象も変わってきましたね。USENにも「B-61 ボーカロイド・ミュージック」がある!って(笑)。今のコンサートでも「千本桜(ボーカロイド曲)」を歌っています。60、70代の方も手を叩いて聴いてくれて。みなさん、ほんとに気持ちが若いんですよ」

プロフィール

小林幸子

Photo 武井優美

プロフィール

小林幸子(こばやし さちこ)

1964年「ウソツキ鴎」でデビュー。79年「おもいで酒」が200万枚を超える大ヒットを記録し、この年の「NHK紅白歌合戦」に初出場。以後、紅白には33回出場。最近は、ニコニコ動画への投稿や出演、コミックマーケットへの参加など、活動の幅を広げ、若い世代からも多くの支持を集めている。現在、新曲「色々あるけど会いたいよ」が発売中。

2015年6月11日更新